電撃ホビーマガジンで連載中の『スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記』の主役機が
プラスチックキット化!

写真

写真

「電撃ホビーマガジン」と「電撃ホビーマガジンbis」で連載中の『スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記』。L5戦役終了後の地球を舞台に、原作スタッフによって綴られるこの物語の主役パーソナルトルーパー「ゲシュテルベン」がプラスチックキットになって登場です。
コトブキヤから販売されている「量産型ゲシュペンストMk-II改」をベースに、成形色と全身各部のパーツを変更することで、元キットのイメージを大きく変えています。
機体のデザインを手がけたのは「量産型ゲシュペンストMk-II改」の原型製作も担当し、電撃ホビーマガジンでプロモデラーとしても活躍中のメカデザイナー、NAOKI氏。キットの構造を知り尽くした人物ならではの、的確なアレンジが利いており、塗装しなくても設定どおりの機体が完成するスグレモノです。

キットは電撃屋ホビー館(http://dengekiya.com/hobby)、ならびに全国各地の「電撃ホビーマガジンファンショップ」で2013年3月12日まで予約受付中です。詳しくは現在発売中の電撃ホビーマガジンならびに、電撃ホビーWEB(http://hobby.dengeki.com)でご確認ください。

SPECスケール:1/144全高:約160mm価格:¥6,500(税込)製品形態:プラスチックキット材質:プラスチック