HOME

STORY ストーリー

破界事変(第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇)終結から一年……。
    地球連邦が誕生してから、一ヶ月が経とうとしていた。ガンダムや黒の騎士団といった反連邦勢力は
圧倒的な軍事力の前に敗北し、世界は表面的には平穏を保っていた。
謎の時空震動による暗黒大陸の封鎖や、局地的な紛争などの問題は
残されていたが、人々は久しくなかった平和を享受していた。
その裏に潜む者達の思惑や、繰り返される悲劇に気付かずに……。	
その中、次元獣の被害が、再び増加しつつあった。
新帝国インペリウムが倒れた事で制御を失った次元獣は、
再び以前同様に災害として認識されていた。
被害が深刻化する中、人々は民間企業の次元獣バスターを雇い、
それらに対処していた。	
そして今、とある次元獣バスターの来訪により、新たな戦いの幕が
上がろうとしていた……。