「スーパーロボット大戦K」はプレイヤーとコンピュータが交互にユニット(持ち駒)を移動させ、
戦闘を行っていく戦術タイプのキャンペーン型シミュレーションRPG。

今作には多数の新規参戦作品が登場している。「蒼穹のファフナー」、「ガン×ソード」、
「機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-」、「鋼鉄神ジーグ」、
「機獣創世記ゾイドジェネシス」、「ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU」
の6作品が新規で登場。
また、携帯機初登場の作品が5作品あり「オーバーマン キングゲイナー」、
「電脳戦機バーチャロン マーズ」、 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」、
「神魂合体ゴーダンナー!!」、 「神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON」が参戦。

 

今までの携帯機シリーズの中でも戦闘シーンはさらに迫力を増し、カットインの枚数は携帯機シリーズ最高レベル。
さらに今作から新システム”パートナーバトルシステム”を搭載!
シリーズをプレイしているユーザーにはもちろん、そうでないユーザーも充分に楽しむことができる作品となっている。

シミュレーションRPGならではのマス目状のMAP
大迫力の戦闘シーン!
キャラクターの育成や機体の改造など可能!