TOPICS


“PlayStation2”専用ソフト、「スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd」が 11月1日にいよいよ発売される!
今回は各ゲーム系媒体の記者の方々に“スクコマ2”を事前プレイして頂いた感想を一 挙公開!


またスパログでも水木一郎をはじめとする、スパログの執筆陣がスクコマ2をひと足お先に体験プレイ!
そのインプレッションを続々掲載中なのでチェックすべし!!

緑川光
その1
その2
置鮎龍太郎
その1
その2

 待ちに待った『スクランブルコマンダー』の第2弾がようやく登場! 
今回大きく変わったのが、まず"空を飛べるようになった"ところ。前作は
ほぼ完全に陸上のみだったんだけど、「ゲッターやらウイングガンダムやらは飛んだほうが速そうだよなぁ」とか思ってたしね(笑)。
もちろん、空が加わったことで戦略性も大幅にアップ。スピードが速い
バルキリーをファイター形態で突っ込ませて敵陣を探ったり、空と陸とで部隊を分けて2面作戦を展開したりと、いろいろな戦略が立てられるようになった。
しれっとバルキリーの変形について語るけど、変形できるようになったのも今回から。やっぱり、ゲッターやらバルキリーやらは変形してなんぼだし、ファンからしてみれば当然のこととはいえ、これもかなりありがたい追加要素かな。状況に合わせて変形しまくりで、変形スキーもウッハウハ。これら、前作をプレイした人の多くが不満に思ったであろうところが、バッチリと解消されているのはうれしいかぎり! 
 ちなみに、本作で個人的にイチオシのユニットは、新規参戦でもある
バルキリー部隊。何がいいかって、バルキリーのファイター形態がはとにかくスピードが速い。ほかのユニットといっしょに進軍すると、
バルキリー部隊だけぶっちぎりの速さで目的地に到着して、彼らだけで交戦しているなんてこともしばしば。しかも、回避率が高いので、敵陣の真っ只中でもわりとへっちゃらだったりする。
『スクランブルコマンダー』だと"当たらない回避型ユニット"よりも、
"食らっても平気な防御型ユニット"のほうが多いと感じられたので、目新しい感じ。もう、フォッカーとマックスと輝で3枠決定
(柿崎は……どうしよう)!。

空だけじゃなくて宇宙空間での戦闘もあるよ! 戦場が立体になっているので、こちらも立体的に進軍するべし!

ゴーダンナーとネオオクサーは、ミッション開始と同時に
即合体。なんつーか、攻撃力がものスゲーです。激強!

敵だと弱いドローメやダブラスM2。フリーバトルで自分で使うと、やっぱり弱い。いや、味方のロボットが強いのか!?

 

もうひとつ挙げると、コチラも新規参戦の
ゴーダンナーツインドライブモード。コイツはコイツで地上を走るスピードがメチャクチャ速い! 
さらに、攻撃力がメチャクチャ高い! ゴーダンナーとネオオクサーを出撃させてマップ上で"合体"させなきゃいけないけど、2体分の枠を使っても補って余りあるくらい強いと思った。
そんなこんなでバルキリーとゴーダンナーだけで5機分の枠をとっちゃうんだが、今回は最大で8機まで出せるので安心!
 最初は「8機は多すぎて操作できないんじゃないの?」って思ったりもしたんだが、始めに指示を出しちゃえばあとはわりと見てるだけでも何とかなるので全然問題なし。もちろん、逐一指示を出せば、その分だけよりよい働きをしてくれるので、こだわり派の人は逐一指示を出すといいでしょう。
さらにいうと、1機だけ"マニュアルモード"で自分が操作できるようになったので、ちょっとした微調整や指示を出すのが面倒なときなどは、みずからがパイロットとなって操作すればオッケー! 
シミュレーションゲームでありながら、アクションゲームのようなプレイができるっていうのが画期的でおもしろくもあり、実際のゲーム中でもかなり便利だったりする。マップ上にアイテムが落ちてるんだけど、それを拾わせようと指示を出すと微妙に場所がズレて拾えなかったりすることがあるんだよね。そんなときは即マニュアルモードに切り替えれば、あっさり回収できますぜ。それに、指示を出して見ているだけでは飽きたらないときにも、マニュアルモードに変えて「やってやるぜ!!」っていうのも気分転換になったりしていい感じ。
もうひとつ言い忘れてた。新要素としてフリーバトルモードがあるんだけど、これもかなりおもしろい追加要素だと思った。手軽に戦闘が楽しめるだけじゃなく、資金やら経験値やらも稼げるからね。ついでにいうと、敵の機械獣やらモビルスーツやらが自分で使用できるっていうのもステキ。
ドローメやらダブラスM2やらを使っても、ぶっちゃけ味方機体より圧倒的に弱いんだけど、そんなの関係ねぇ!漢(おとこ)のロマンを楽しもうぜ。
もちろん、女性も楽しんでください。
そんなこんなで、人それぞれでさまざまな遊びかたができる本作。独自の操作方法を覚えるまではちょっと大変かもしれないけど、やってみると意外と簡単です。『スパロボ』好きやロボット好き、シミュレーションゲームが好きな人などにはとくにオススメしたい。食わず嫌いはしないで、ぜひ一度プレイしてみよう。

週刊ファミ通編集部 バサラ佐藤


 
ページTOPへ